cropped-cropped-KN-Logo1500-1.png
検索
Close this search box.

マーケティングなしにオンラインコースは売れない

前回、分身の術を使うとフルタイムで働くのと同じ時間数のレッスンができるよ、とお話ししました。

よし、そうか、オンラインコースを作ろう!と思ったあなた、ウェルカムです!

3びきのこぶたの教訓

これまでお示ししたオンラインコースビジネスの7つのステージをクリアすれば、不労所得だバンザイ!

…となればいいのだけど、そうはいかない。いかないんですよ。あの7つのステージは土台です。おうちでいうと基礎の部分。基礎工事がしっかりできていないと、もろい家しか建ちませんよね。

3びきのこぶたのお話を読んだことがありますか? あの童話を思い出してください。

1番目のこぶたは藁の家、2番目のこぶたは枝の家を作りますが、狼にぱくっと食べられてしまいます。 3番目のこぶたが作ったのは、狼でも歯が立たない頑丈なレンガの家。

サクッと作ったものはすぐに吹き飛んでしまいます。

だからこそまず土台をコツコツ作る。

そうするうちに少しずつ売れ始めます。

認知・集客できないと売れない

え、待って。少しずつってどういうこと?と思うでしょう。

いいものを作れば売れる、そうだったらどんなにいいことだろうと思います。いいものを作っても、誰にも知られなかったら売れません。知らないものを買うことはできないから。

いいものを作れば売れる、なんて幻想なんです。

Udemyでコースを販売する意義

7つのステージの中ではUdemyでコースを販売するというステップを入れています。

これには3つの意味があるんです。一つはコースを作ることに専念して作り慣れるため。もう一つはテストマーケティングのため。最後に認知を取るため。

オンラインコースビジネスを構築する方法

Udemyの収益がなぜあんなに低いかというと、最大の理由はUdemyが広告を打ってくれているから、その広告費を売上からもらいますよ、ってことなんですね。

あなたもFacebookやインスタ、X(Twitter)、Google検索でUdemyのコースの広告を見たことがあるはずです。

自分でお金をかけて広告運用をするのは大変。Udemyがデータを取りながらマーケティングしてくれるなら、そこにおんぶさせてもらう方がらくちんです。

オンラインの流れは速い

じゃあUdemyだけやっていればいいか?というとそうでもありません。3つもいいことがあるから7つのステージにはUdemyを入れていますが、あなたやあなたのオンラインコースを知ってもらうにはもっといろいろな手を打つ必要があります。

オンラインの世界の変化はとても速いし、認知と集客のトレンドもどんどん変わります。

Twitterが「X」になるなんて誰が予想できました?(この名前、イケてないよなぁ)

だからこそ私もオンラインコースビジネスをやっていくけれど、認知のとれるものは何でもやってみるのです。今はUdemy、Kindle、Podcastをやっています。そのうちインスタや‪tiktok‬もやるかもしれない。きゃー。

私がKindleやPodcastをやっているのは、認知を取る、つまりたくさんの人に知ってもらいたいからです。オンラインコースビジネスっていいよ、私がやり方を教えられますよ!ってことを。

情報発信なんてうまくいくかどうかわからない。でもやってみないとわからない。だからやる。

メルマガではその経験や失敗談をシェアしていきます。こうしたら失敗したよ、ということも包み隠さずお伝えします。その代わり…といっては何だけど、キャンペーンをするときには協力してくれるとうれしいです。

私のメルマガはクレクレ君じゃない人に読んでほしい。

失敗談は要らんぞ!成功するやり方だけ知りたい!というあなたはこのメルマガを解除して、コースとして出したものだけ見てください。

そしてまた気が向いたら再登録していただくのも大歓迎です。「前に解除したくせに!!」なんて思いませんから、気軽に解除したり再登録してください。人によってタイミングとかありますから、そこは気にしていません。

引き続きお付き合いいただける方だけ、今後ともよろしくお願いいたします。

さあ、ショート動画の勉強するぞ!✧ ٩( ‘ω’ )و ✧

Share it :

Related article

オンラインビジネスの情報発信でやってはいけないこと

今回はQ&Aとして質問にお答えします。お客様で「騙されたことがあります」と言う人が来ます、と相談を受けることがあります。 私からのアドバイスは、「そいつは要注意だ。逃げろ、全力で逃げろ」です。 騙されたことがある

Read More

大切なことを人に言うタイプですか?

このエピソードがpodcastに流れたときは、夏休みの終わり頃だったと思います。親御さん方、お疲れ様です。うちの母は、意外と平気なタイプだったようで、幼稚園までは夏休みや冬休みが終わる頃も「休みが終わるの、お母さんなんか

Read More
上部へスクロール