8-10 Webに必要な画像の解像度と印刷物に必要な解像度

執筆者 | 1月 3, 2022 | オンライン講座の作り方

このレクチャーでは、Webに必要な解像度についてお伝えします。Webでブログを使って情報発信する人を想定しています。

いろんな素材サイトを見ていますと「このファイルは何dpiで、何かける何ピクセルです」という説明に出会うことが多いと思います。

どれを選んだらいいんだっけ?と私も未だによく混乱するんですが、大きく二つ覚えておくと迷わなくなります。

Webに必要な画像の解像度

Webに必要な解像度は70~75dpiです。dpiという単位はドットパーインチ、つまり1インチの中に何ドットで構成しているかというその密度なんですね。Webの場合は70~75ドットでいいよ、ということです。

印刷物に必要な画像の解像度

Webでは70~75dpiでいいんですが、印刷物に必要な解像度はもっと高くなります。

例えばインターネット関連で何かを作る、印刷物を作る場合、だいたいA4サイズのPDFを作るのが一番多いかなと思います。

オフラインのお仕事されている方は別ですが、ブログで情報発信をするということで考えると、せいぜいA4サイズが一般的かなと思います。

A4サイズの印刷をしてにじまない画像の解像度の目安は300dpiと言われています。ですので例えばこういう写真をダウンロードしてきてA4サイズの印刷物、配布するE-bookとかPDFに貼り付けようと思ったときに解像度が70とか75dpiの画像では非常に粗くなってしまうんですね。

実際にユーザーの方がダウンロードして印刷したときに画像が粗くなってしまいますので300dpiを目安にされるといいと思います。

まとめ:Webは70~75dpi、A4サイズの印刷物は300dpi

  • Webに必要な画像の解像度は70~75dpi
  • A4サイズの印刷物に必要な画像の解像度の目安は300dpi

だいたいこの二つを覚えておけば困ることはないでしょう。