20240512kotokonakano-600200-Logo
検索
Close this search box.

16-2 「どれくらいの時間のコースを作ればいいですか?」【オンライン講座の長さと時間数】

「どれくらいの時間のオンライン講座を作ればいいですか?」という質問をよく受けます。あなたはどう思いますか?

目次

オンライン講座がカバーする範囲によって必要な時間は変わる

オンライン講座の適切な時間数はあなたのオンライン講座がどの範囲をカバーするかによって決まります。

例えばこのコースはデジタルコンテンツを作るのに必要な機材やソフトウェアの説明から始まって有料のオンライン講座を販売するところまでをカバーしているので範囲が広くなり、長時間になっています。もしこれが「デジタルコンテンツを作るのに必要な機材とソフトウェア」だけをカバーするのであればもっと短い時間のコースになるでしょう。

同じトピックを扱った実際の2つのオンライン講座で比べてみる

実例を挙げましょう。

私の「会員制サイト作成システム「Cyfons(サイフォンス)」の使い方」はCyfonsというシステムをインストールするところから運営の方法までをカバーしているので42レクチャーで2時間のサイズになっています。

一方、「コミュニティサイトCyfons(サイフォンス)からTeachable(ティーチャブル)へオンラインコースを移行する方法」は、Cyfonsというシステムで提供している会員サイトのコンテンツをTeachableへ引っ越すやり方だけを教えるコースなので14レクチャーで31分のサイズになっています。

まとめ:カバーする範囲によってオンライン講座の時間は変わる

オンライン講座の適切な時間数はあなたのオンライン講座がどの範囲をカバーするかによって決まります。「オンライン講座の概要を作る」でレクチャー数の目安にふれます。その内容も参考にしてください。

オンライン講座の作り方一覧に戻る

Share it :

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Related article

「ファン化する」という表現に抵抗がありますか?

今回はですね、私がもやもやしていることについて書きたいと思います。「ファンを作るという言葉はおこがましいと思う」という意見があります。あなたはどう思いますか? ファン化、ビジネス、起業、人の表現は様々 「ファン化すること

Read More

セールスしても売れなかったら恥ずかしい?

ワークショップやサポートグループを作る際、誰も来なかったらどうしようと悩むことはありますよね。私も時々コケる企画があります。自分で商品を作ったり、ワークショップを企画したり、サポートグループを立ち上げたりする際、実際に売

Read More
上部へスクロール