「オンラインコースで稼ぐ」推しのワタシですが、確実にこう言われるだろうなと思っていることがあります。

それは、、、

「オンラインコースを作って稼ごうよ!」と言ったら、あなたは絶対に、ぜーーーったいにこう言うでしょう?

 

「私にはオンラインコースで売るようなスキルも特技もありません」 って。

 

こうやって言う人ほど本当は自分にスキルや特技があることを知っています。知っている。わかっている。でもまだ勇気が出ないんだよね。まぁそうやってイジイジしていたかったらそれでもいいよ。無理強いはしない。

だって私も最初は勇気が出なかったから。「名前を出して?!有料で?!教材を売るの?このわたしが?!いやいやいや、ないでしょ!」って。

でも、私もどこかで自分が作れることも知っていた。だけど勇気がなくて出せない。それでずっとイジイジしていましたから。

 

私が最初にUdemyに出したコースは「超初心者さん向けWordPressブログの作り方」ですよ。私がいたアフィリエイター界隈では全然特別なスキルじゃないんです。片目をつぶりながら、ウトウトしながらでもできる人たちばかりです。

また、WordPressの構築方法なんて、ブログやYouTube、無料レポートスタンドには無料情報があふれています。

だからきっとアフィリエイター仲間からは「無料で出ている情報を有料で売るなんて、コイツ正気か?!」と思われていたはず。

つまり、私のいた界隈では「私にはオンラインコースで売るようなスキルも特技もありません」の状態でコースを出したようなものなのです。

特にUdemyではWordPressは人気のカテゴリでした。エンジニアでも何でもない私がそこに頭から突っ込んでいったんです。

趣味系のオンラインコース

でもね、こんな世界があるの。この記事では「稼ぐ系」でない、趣味系のコースをご紹介します。

 

私は好奇心旺盛で、気になったら片っ端からかじっていくタイプです。料理、パン作り、手芸各種、陶芸、パソコン、スポーツジム、テニス、スキー、スケート、茶道、華道、ボイストレーニング、英語、フランス語…

これまでは自宅から通える範囲の先生からしか学べなかったけれど、ネットのおかげで住んでいる場所に制限されなくなりました。これがどれほどありがたいことかは、昭和生まれでないとわからないと思います。

 

あなたは趣味系のオンラインコースを見たことがありますか?

日本ではリアルタイムで教えてもらえるワークショップはたくさんありますよね。オフラインだけでなくオンラインで学べるものも増えてきました。つまり、「場所」の制限を受けなくなったのです。

 

でもリアルタイムのレッスンは「時間」が合わないと受講できません。

その点、Udemyのようなオンラインコースは受講生の都合の良いとき、いつでも好きな時間に学べます。こういったオンラインコースは「オンデマンド型」といってリアルタイム型と区別します。

日本ではオンデマンド型のオンラインコースはまだあまり見かけません。スキル系は増えつつありますが、趣味・実用系はまだまだ少ないです。

英語圏の趣味・実用系のオンラインコースは、「稼ぐ系」しか知らない私には夢のような世界でした。趣味・実用系を教えている先生もぜひ見てください。

 

先に言っておきますが、日本の稼ぐ系と違って、英語圏のオンラインコースは比較的安価です。PDF・eBookなら50ドル(約5,000円)くらいまで、動画コンテンツなら100ドル(約1万円)以上、という感じ。

高いものは高いです。青天井。それは日本と同じです。

 

※アフィリエイトリンクはありません

靴作り

👉I can make shoes

2年前に見たときは「自宅のリビングルームで自分でサンダルを作る方法を教えます」というタイトルで140ユーロ(当時のレートで17,342円)でした。

人気があるのか値上がりしていますね。でもキットを含む値段だと思えば全然高くない。

めちゃくちゃかわいいでしょう。私は左端、Lindseyと同じミュールを作って履きたいな。

水彩画を学ぶ

👉Angela Fehr Watercolour

トップページには3コースが掲載されています。99ドル(約1万円)の買い切りコースか、月33ドルのサブスク。他にも「All Products」を見ると39ドルや149ドルのコースがあることがわかります。

子育て

👉How to Grow Remarkable Kids

購入日から 1 年間、シリーズにアクセスできる(延長料金を払うのも可)形のオンラインコース。2コースとも249ドル。約25,000円。

子育てジャンルはUdemyでも人気カテゴリですね。

マジック

👉The Foundations of Card Magic

カードマジックの基礎。こちらは52ドル。

マジックのノウハウは人気がありますよね!

その他

その他、どんなジャンルでもオンラインコースになっています。書籍で出版されている「~のやり方」的なジャンルはもちろん、自己啓発や占いのジャンルなども人気があります。

「単価が高いなんて嘘だ」、は早とちりです

今ご紹介したものは、単品として見ると安く見えるはずです。

ただ、「単品として見ると」というのがミソです。

単品だけ買わせるのではない売り方がある、というのを頭のどこかに置いておいてください。だから「オンラインコースを作っても、たったこんな安い金額か!」と思うのは早とちりです。

 

単品を買った後にアップセルがあるかもしれないし、そのワンタイムオファーを逃してもその後のステップメールで上位商品を再度オファーされることがよくあります。

私? 私はけっこうワンタイムオファーの段階でポチポチっと買います。すると「合計金額にしたらけっこう払ったじゃん!!」となることがままあります。

高額商品を作りたいというご相談をよく受けます。でも、こんな売り方もあるんです。

稼ぎ続けられたこと、ありますか?

単品として見ても、ブログでこの金額を稼ごうと思ったらどんなに時間がかかるでしょうか。

あなたはブログやアフィリエイトでこの金額を稼げたこと、ありますか? 稼ぎ続けられたこと、ありますか? 私は毎月必死になってブログを書いたり、アフィリエイト特典を作ってセールスして、やっと稼ぎ続けていました。

 

オンラインコースの世界ではあなたがブログに書くような、人間関係、自己啓発、健康系、料理、写真、アロマなんかも人気で高額なジャンルです。ペット系も人気。

オンラインコースを作るにしても、プロである必要はありません。お客さんよりも「一歩先行く先輩」であればいいのです。あなたに合ったお客さんが買いますから、レベル感の心配をする必要はありません。

稼ぐ系で窮屈だった「実績」も必要ないのです。ブログではややこしい存在の YMYL や E-A-T も関係ありません。

まとめ

さあ、あなたはどんなことを教えてあげますか? 勇気が出たらどんなオンラインコースを作るでしょうか。

下のバナーから「12週間でUdemy講師になる」のeBookをダウンロードして書き込んでみてください。