20240512kotokonakano-600200-Logo
検索
Close this search box.

4.アメブロとWordPress(ワードプレス)どっちがいい?違いを比較する

やっとこのコンテンツの山場にたどり着きました。ここまで、アメブロのメリット、デメリット、リスクについてお話ししてきました。メリットもあるものの、どっちみちSEO対策をした記事を書かなければならないし、デメリットやリスクを考えると、いっそのことWordPressでブログを運営したほうがいいのではないか?という気持ちになりますよね。そういうご相談を本当によくいただきます。

ここでアメブロとWordPressを比較してみましょう。

アメブロとWordPressの比較

アメブロとWordPressの違いを項目ごとに比較してみました。

比較項目アメブロWordPress
最低限必要なコスト無料、しかし足りない要素を補うための外部サービスは別途費用がかかる有料(ドメイン、レンタルサーバーで合計年間15,000円程度)
スキルテンプレートを使えば簡単、差別化しようとするとカスタマイズするスキルが必要なのでWordPressと同じかそれ以上に難しくなるドメインやレンタルサーバー、WordPressについての基礎知識が必要
SEOを意識した記事作成必須必須
アクセスを集める際の特殊性アメブロ内だけで集客できるならいいが、そうでない場合はアメブロであることがむしろ不利にはたらく集客しやすい(YMYLや大手企業が狙うジャンル以外)
集客導線の作りやすさ難しいサービス一覧、お茶会やセミナーの告知ページ(LP)、メルマガ登録フォーム、お問い合わせフォームの設置が簡単
削除リスクあるない

最低限必要なコスト

最低限必要なコスト、というところを見ていきたいと思います。アメブロは無料です。ただ、足りない要素を補うための費用は別途かかってきます。例えばペライチ、メール配信スタンド、LINEなどの費用ですね。一方、WordPressは有料です。というのも、WordPress自体は無料ですが、WordPressを実装するための独自ドメイン(インターネット上の住所となるもの)というものを取得するのと、それをレンタルサーバーにのせるのに、年間約15,000円(+任意で有料WordPressテーマや有料プラグイン)が必要になります。ここでコストが違ってきます。

スキル

次にスキルです。アメブロはテンプレートを使えば簡単にデザインできますが、差別化しようとするとカスタマイズするスキルが必要です。そうなると、WordPressと同じかそれ以上に難しくなります。一方WordPressを運営するには、ドメイン、レンタルサーバー、WordPressについての基礎知識が必要です。

SEOを意識した記事作成

ではSEOを意識した記事作成についてはどうかというと、アメブロもWordPressも必須です。ここは変わりありません。

アクセスを集める際の特殊性

アクセスを集める際の特殊性を比較しましょう。ブログはアクセスしてもらってなんぼ、読んでもらってなんぼです。アメブロの場合は、アメブロ内だけで集客できない場合はアメブロであることがむしろ不利に働き難しくなる、という特殊性があります。一方WordPressの場合、YMYLや大手企業が狙うジャンル以外の領域は集客しやすいです。

YMYL(Your Money Your Life)というのは、Googleが導入したアルゴリズムです。お金や人生、生活に直結するようなジャンル、例えば医療や美容系、金融、節約などが含まれます。こういったジャンルは、個人のドメインが上位表示されるのは非常に厳しくなりました。そして転職や結婚のような、大手企業が狙うジャンルは大手企業のドメインが優遇されるというアルゴリズムが現在あります。

まとめると、健康・お金系・転職・結婚・引っ越しなどは大手企業が上位表示したいジャンルです。こういったジャンルは独自ドメインで運営するWordPressでは不利です。ただ、それ以外の領域のブログや記事は上位表示しやすいという特殊性があります。

集客導線の作りやすさ

次は集客導線の作りやすさです。アメブロは難しい、の一言です。WordPressはいわば自分の持ち家なので、サービス一覧、お茶会やセミナーの告知ページ(LP)、メルマガ登録フォーム、お問い合わせフォームなどが簡単に設置できます。表を見ていただくと一目瞭然ですね。集客導線を自分のところで全部作ることができます。しかしアメブロは制限がありますので非常に難しいです。ここが違います。

比較項目アメブロWordPress
集客導線の作りやすさ難しい:アメブロ内に集客機能は実装されていない簡単:サービス一覧、お茶会やセミナーの告知ページ(LP)、メルマガ登録フォーム、お問い合わせフォームを自由に設置できる

ブログが削除されるリスク

アメブロには削除されるリスクがあります。一方、WordPressは自分で独自ドメインを取ってレンタルサーバーを借りて運営しますので持ち家になっています。そのため削除リスクはありません。

まとめ:アメブロとWordPressを比較した結論

ここまでアメブロとWordPressをいくつかの観点から比較してきました。その結論は二つです。

一つ目は、アメブロでもその他のブログサービスでもWordPress(ワードプレス)でも、WEB集客の知識は必須です。SEOやどういう集客導線を作るかという知識はどこでも変わらず必要です。

二つ目は、アメブロ内で集客できるならアメブロでもいいですが、削除されるリスクに備えることが必須となります。「賃貸マンション」である弱みを予防することが必要です。


【アメブロ集客】女性起業家・個人事業主のためのアメブロとWordPress(ワードプレス)の使い分け方 記事一覧に戻る

Share it :

Related article

「ファン化する」という表現に抵抗がありますか?

今回はですね、私がもやもやしていることについて書きたいと思います。「ファンを作るという言葉はおこがましいと思う」という意見があります。あなたはどう思いますか? ファン化、ビジネス、起業、人の表現は様々 「ファン化すること

Read More

セールスしても売れなかったら恥ずかしい?

ワークショップやサポートグループを作る際、誰も来なかったらどうしようと悩むことはありますよね。私も時々コケる企画があります。自分で商品を作ったり、ワークショップを企画したり、サポートグループを立ち上げたりする際、実際に売

Read More
上部へスクロール