20240512kotokonakano-600200-Logo
検索
Close this search box.

今日は私がUdemy講師になった記念日です

5年前、2018年の今日、私の初めてのUdemyコースが審査に通りました。

音質審査になかなか合格できず、何回やり直したかなぁ、、、

Udemyの審査のスタッフの方も本当に根気よく付き合ってくださいました。

はじめてのUdemyコース合格通知

やっと合格して届いたメールがこちら。

今とUdemyのロゴが違うでしょ。コースを審査に出して、合格するとこんなメールが届きます。

そして「ほんとに公開されてるのかな?」とUdemyのページに飛んでみたら、ほんとに公開されていた!

見てください。「0人の受講生」!

これが私のオンラインコースビジネスのJourneyの始まりでした。

そして、、、

これはUdemyのスマホアプリで講師ログインしたときに見える画面です。

この最初の受講生さんは、、、

私の夫です!

夫に頼み込んで「無料クーポン出すからお願い、受講して🙏」の、お願いマーケティングです。

こんなの、マーケティングなんて言えないよね。

今でこそ7,418人の方にご受講いただいていますが、受講生ゼロ人からスタートして、最初の受講生は身内。

7,418人もの方にご受講いただいているのはすべてUdemyというマーケットプレイスのもつ力とあなたのおかげです。

私はオンラインコースが好きです。

だからこそ「​オンライン講座の作り方​」というコースを作りました。

また、一緒にUdemyで活動する仲間を増やしたくて ​Udemy Fasttrack​ という商品を作りました。

オンラインコースを販売できるマーケットプレイスがあちこちにできた今も、やっぱりUdemyが好きです。講師としても受講生としても。

(受講生としてUdemyが好きである証拠画像、受講中の画面のスクリーンショットも載せておきます。680コースを受講中!)

私のコースを受講してくださって、そしてあらゆる形で応援してくださって本当にありがとうございます。


Udemy講師デビューから5年目の今日、
心からの感謝をこめて。

Share it :

Related article

「ファン化する」という表現に抵抗がありますか?

今回はですね、私がもやもやしていることについて書きたいと思います。「ファンを作るという言葉はおこがましいと思う」という意見があります。あなたはどう思いますか? ファン化、ビジネス、起業、人の表現は様々 「ファン化すること

Read More

セールスしても売れなかったら恥ずかしい?

ワークショップやサポートグループを作る際、誰も来なかったらどうしようと悩むことはありますよね。私も時々コケる企画があります。自分で商品を作ったり、ワークショップを企画したり、サポートグループを立ち上げたりする際、実際に売

Read More
上部へスクロール